回答のコーナーです。

健康食品

Q.シミ爆弾について、教えてください。

40代に突入してから、頬のシミが急激に大きくなった気がします。俗に言うシミ爆弾??
毎日見ている顔なのに、ある日突然出現したかのごとく一旦気になるとずっと気になって仕方なくなるのはなぜなんでしょう。
某有名芸能人が通っているという都内の皮膚科で何度かレーザー治療を受けてみましたがほとんど変わっていないです。もちろんコンシーラーごときでは隠すことはできません。
20代の頃から帽子と日傘でケアもしているし、積極的にビタミンCを摂る努力もしているのに・・・。
因みに私は事務職なので、平日の昼間は事務所にいて長時間お日様に当たっているわけでもありません。
一旦出来てしまった大きなシミは、もう消すことはできないのでしょうか?何かいいアドバイスがあればお願いします。

  • 回答
    シミは女性にとって大変憂鬱な肌トラブルですよね。
    私達のサロンにやってくるトラブルをかかえた女性の大半の人が『シミ』に関してのお悩みです。
    シミの原因には大きくわけて『内面的な要因』と『外面的な要因』があります。
    『内面的な要因』とは、病気などの身体の不調が原因で出来るシミです。例えば、過剰なストレスを急激に抱えると円形脱毛が
    出来るように、お肌では額にシミが出来る事があります。また、腎臓など内臓のトラブルを抱えていると、左右対称に頬の辺りに
    シミが浮き出てきたり、女性ホルモンが乱れると口の上辺りがお髭が生えたようにうっすらと黒ずむ事も…。
    こういった内面的要素で出来たシミは、原因となる病気を治したり、ストレスから解放されることで自然に消えていきます。

    一方『外的要因』によって出来るシミですが、多くの場合は紫外線による肌へのダメージやお肌に合わない化粧品の使用、
    さらには洗顔方法など、肌への過剰な刺激(科学的刺激、物理的刺激等)に対してシミが出来てしまいます。
    また、シミの原因物質“メラニン”は、黒くて見た目には“美しいもの”ではありませんが、黒い色を皮膚表面につけることで紫外線が
    肌の深部まで届く事を防ぎ、紫外線による肌ダメージを防ぐ役割も果たしているのです。ですから、シミは人間の防御機能の
    ひとつの表れといえるでしょう。
    こう言った『外面的要因』によってできてしまったシミに対しては、その原因を突き止め、その原因を取り除かなくてはなりません。

    今回のご相談者の方の場合ですが…、まず『突然シミが出来た』感が強いようでしたら、腎臓や肝臓など、内臓が弱ってはいませんか?まず体調面でのチェックをおすすめします。そして、内面的な要因で問題がないようでしたら、シミの原因となっている外因
    的要因を探しましょう。
    シミは基本的には“ある日突然”的にできるのではなく、前段階として皮膚の表面が敏感になり赤味が出てきて、少しづつ赤味が
    茶系に移っていく…といった過程を通るのですが、今回のご相談者さんの場合、今使っている基礎化粧品の中で使った時に肌に
    赤味が出たり、“しみる”感があったりした化粧品はありませんでしたか?
    もしそう言った覚えがあるのなら、そう感じた化粧品をしばらく使わないでください。
    その中の何かの成分に対して肌が合わないのかもしれません。

    また、他に考えられる要因として、“頬のところのシミ”という事ですので、もしメイクでチークをお使いでしたら、チークに含まれて
    いる化粧品成分がお肌の負担になってる事や、チークをブラシで付けている場合にはそのブラシの刺激が原因になっているケー
    スも考えられます。
    例えば、デリケートな皮膚の方が、手首の内側を毎日歯ブラシでブラッシングすると、シミが出来てくるのですが、それと同じで、
    毎日皮膚の同じ所に刺激を与え続ける事は、しみを作る原因となるのです。

    いづれにしろ、一つづつ原因となりそうなものを外していき、様子をみてください。
    皮膚に対して刺激となっている要因を取り除く事で、しみは必ず薄くなっていきます。先天的なソバカスと違って、後天的に出来
    たシミは、真皮層にまでメラニンが落ちてしまった場合(←見た感じ、しみの色が茶色というより、黒くなっています)の様な特異な
    ケースは除き、必ず元の状態まで戻す事は可能です。ただ肌をもとの状態(しみのなかった状態)に戻すには、一般的にはシミが
    出来た期間と同じぐらいの期間が必要だと言われています。

    また、帽子と日傘で肌をカバーする事や積極的にビタミンCを摂取することは、シミを薄くする上では(肌をもとの状態に戻す上で
    は)、大きな手助けになりますので、シミの原因を取り除く事とともに、今まどおりそう言った点にも気を配られる事が大切です。

    そして、外科的手術と言えばオーバーかもしれませんが、短期間でシミを薄くしたい場合には病院による『レーザー治療』も一つの
    選択肢かもしれませね。
    ただ、『レーザー治療』は出来てしまったシミに対する処方ですので、先程述べたように、しみには必ず原因がありますので、その
    原因を取り除く事をお忘れなく!!根本的な原因を取り除いて初めて、『レーザー治療』によって、本来の肌を取り戻せる事がで
    きるのです。

    実際に、相談者の方のシミの状態を拝見していないので、具体的なシミの原因までは指摘できませんが、ご参考になれば幸い
    です。

    ★ お客様からご返信をいただきました♪ 有難うございます。 >>>コチラ

エステティシャンへの質問箱ぺージへ 戻る

 

 

和風雑貨 流しそうめんの竹販売中 洗えるスーツ リクルートスーツ